履歴書は手書き派?パソコン派?

最近は、履歴書をパソコンで美しく仕上げる人が増えているようです。

履歴書は手書き派?パソコン派?

最近は、履歴書をパソコンで美しく仕上げる人が増えているようです

★ 42歳 : 女性の話
最近は、履歴書をパソコンで美しく仕上げる人が増えているようです。
確かに字が下手だと読んでもらえないかもしれないという不安があるので、パソコンで入力するのは魅力的です。
実際私の字はひどいもので、学校へ子どもの連絡帳を書くときなど、大変恥ずかしい思いをしています。

しかし、そんな私でも履歴書を書く時は、まずは下書きをパソコンで行い、入念にチェックをしてから、それを手書きで丁寧に書いています。履歴書は社会に出る際、自分を売るための大事なツールだと思います。就職活動ではこのたった1枚の紙切れと、わずか数分の面談で、自分の良さと志望する熱意を相手企業に伝えなければなりません。大手企業で志望者が多数の場合は履歴書のみで一次審査とする場合もあります。企業に自分を売るためには、この履歴書に自分の気持ちを最大限込めて書き上げるべきだと思います。
手書きの良さは、印刷ではないその人の特徴ある文字にあります。文字には上手でも下手でもその人の個性が出ます。他の人にまねできない本人独特の個性なのです。
そして丁寧に書くことで、字が下手でも志望する熱意が伝わります。読み手も渾身の思いで書かれた文字を辿りながら、ついつい心が動いてしまうものです。
口下手で面談でのアピールが望めないのなら、なおさら気合を入れて手間をかけて手書きで勝負するべきです。
そんなわけで、履歴書は断然手書き派です。
Copyright (C)2019履歴書は手書き派?パソコン派?.All rights reserved.